レジスタ項目、メモリ項目、FIFO、およびハンドシェイク項目でカスタムデータタイプを使用する (FPGAモジュール)

サポートされているデータタイプのカスタム制御器を作成し、これらの制御器をFPGAレジスタ項目、メモリ項目、FIFO、およびハンドシェイク項目のデータタイプとして選択することができます。レジスタプロパティメモリプロパティFIFOプロパティ、またはハンドシェイクプロパティダイアログボックスでデータタイプとして選択可能なカスタム制御器には、サポートされているデータタイプで構成されたすべての制御器、タイプ定義、または指定タイプ定義が含まれます。カスタム制御器がタイプ定義または指定タイプ定義である場合、LabVIEWはタイプ定義から制御器を切り離します。

カスタムデータタイプの使用には以下の利点があります。

  • ブロックダイアグラムを簡素化し、アプリケーションのスループットを向上します。
  • 一部のFPGAターゲットでは、サポートされている2つの小さなデータタイプを1つの大きなデータタイプに結合して、64ビット以上を実現できます。詳細とサポートされているデータタイプについては、特定のFPGAターゲットのハードウェアドキュメントを参照してください。
  • FIFOまたはメモリ内の各値に対して別々のデータを保持できます。
メモ  DMAおよびピアツーピアFIFOは、カスタムデータタイプをサポートしません。

データの整合性を維持しながら、小さなデータタイプを結合する

以下の例では、FIFOを使って1クラスタ要素でアドレスおよびデータ情報を同時に転送することができます。カスタム制御器の使用すると、FIFOから要素を読み取る時にこれらの値は別個の状態であるため、個々の値を判断できます。

カスタム制御器を使用する際の注意事項

大きなカスタム制御器を使用すると、FPGA VIの性能に影響が及ぶか、またはFPGAリソースを無駄に消費する可能性があります。

関連情報

カスタム制御器、表示器、およびタイプ定義を作成する

サポートされるデータタイプ



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった