FIFOインタフェースオプションの中から選択する (FPGAモジュール)

使用可能なFIFOインタフェースオプションについて理解しておくと、FIFOのタイムアウトプロトコルとハンドシェイクプロトコルを実装するのに必要なコードの量を減らすのに役立ちます。FIFOインタフェースオプションは、特定のFIFOメソッドで使用可能な入力と出力を変更します。タイムアウトとハンドシェイクインタフェース間で選択を行うには、シングルサイクルタイミングループ内で読み取りメソッドまたは書き込みメソッドを呼び出すFIFOメソッドノードを右クリックし、ショートカットメニューでインタフェース→タイムアウトまたはインタフェース→ハンドシェイクを選択します。

以下の表を手掛かりに、お使いのアプリケーションに最も適したFIFOインタフェースを判断してください。

インタフェース 機能 使用可能な状況
タイムアウト タイムアウトを返す前に、メソッドが操作が完了するのを待つ時間を、クロックティックの数で指定します。タイムアウトインタフェースを使用すると、タイムアウトおよびタイムアウト?の出入力を有効にすることによって、応答のないデバイスまたはコードのセクションに対応することができるようになります。 このインタフェースは、読み取り、書き込み、排出&無効メソッドを呼び出すすべてのFIFOで使用可能なデフォルトのインタフェースです。
ハンドシェイク 高スループットアプリケーションの先行ノードと後続ノードの間の通信が促されます。ハンドシェイクプロトコルは、FIFOメソッドノードで入力有効出力準備完了出力有効入力準備完了のオプションを有効にして、ハンドシェイクプロトコルの実装に必要な論理の量を減らします。 このインタフェースは、読み取りメソッドまたは書き込みメソッドを呼び出すFIFOのシングルサイクルタイミングループ内でのみ使用可能です。さらに、ピアツーピアとDMA FIFOには、ハンドシェイクインタフェースがサポートされていないターゲットもあります。ハンドシェイクインタフェースがサポートされていないFIFOでは、コンパイル時エラーが返されます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった