反復端子データタイプの使用を避ける (FPGAモジュール)

定数ではない値に可能な限り最小のデータタイプを使用すると、FPGA VIのサイズが小さくなり、速度が向上します。Whileループを使用する場合は、反復端子の代わりにシフトレジスタを使用して32ビット整数の使用を回避することができます。

以下の図は、反復端子を使用せずに2回、3回、100回実行されるWhileループを示しています。

最後の図のシフトレジスタを初期化する定数は、符号なし8ビット整数データタイプです。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった