FPGAアプリケーションでサブVIを使用する (FPGAモジュール)

LabVIEWでは、コードの共通するセクションをサブVIとしてグループ化し、ブロックダイアグラムで再利用することができます。以下のような場合は、FPGAアプリケーションの開発にサブVIを使用します。

  • 複数のFPGA VIを使用—LabVIEWは1つのトップレベルFPGA VIのみを実行できますが、トップレベルFPGA VIからサブVIとして呼び出すことで複数のFPGA VIを実装できます。
  • FPGAリソースを節約—サブVIのフロントパネルのオブジェクトは、ホストVIと直接通信しないため、FPGAで追加のリソースを消費しません。
  • 複数のプロジェクトでコードを再利用—再利用可能なモジュールコードを作成することで、コードのレビューと更新が簡単になり、コードの重複が回避できるため、アプリケーションを効率的に整理、管理、テスト、およびデバッグできます。

関連情報

モジュールコードを作成する

サブVIに関するよくある質問 (FAQ)

FPGA VIでフロントパネルオブジェクトの数を制限する

FPGAプロジェクトを管理する

プロジェクトの計画と設計



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった