デュアルポート読み取りアクセスでメモリリソース使用量を削減する (FPGAモジュール)

いくつかのアプリケーションでは、メモリプロパティダイアログボックスのインタフェースページでデュアルポート読み取りアクセス用にメモリを構成することで、ブロックメモリリソースの使用量の削減と実行時間の短縮が可能な場合があります。

デュアルポート読み取りメモリの主な利点は、2つの読み取りポートの使用により、2つの異なるアドレスに存在するデータへの同時アクセスが可能であることです。たとえば、係数が同じ正弦または余弦関数に関連する場合、関数データをメモリブロックに一度保存し、2つのアドレスを一度に入力して、異なる位相を同時に読み取ることが可能です。このメモリを読み取る2つのメモリメソッドノードは、シングルサイクルタイミングループなどの1つのストラクチャ内か、またはFPGA VIのさまざまな場所に配置されます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった