コンパイルステータスウィンドウ

インストールパッケージ: FPGAモジュール

コンパイルステータスウィンドウは、FPGA VIをコンパイル中に表示されます。 ビルド仕様がすでにコンパイル済みの場合、ビルド仕様を右クリックし、ショートカットメニューからコンパイルの結果を表示を選択して、このウィンドウを表示します。

このウィンドウを使用して、FPGAビルド仕様のステータスおよびコンパイル情報を確認します。 また、コンパイルサーバから接続を解除したり、コンパイルをキャンセルすることもできます。

このウィンドウには、特定のFPGAターゲットに応じて、以下のコンポーネントが含まれる場合があります。

  • ビルド仕様コンパイルステータスウィンドウの現在のセッション中にコンパイル中およびコンパイル済みのビルド仕様を表示します。

    ビルド仕様をこのリストから削除するには、ビルド仕様を右クリックしてショートカットメニューからリストから削除を選択します。
  • ステータス—FPGA VIのコンパイルの進捗状況を表示します。
  • 最終更新時間—コンパイルサーバが最後に情報を更新した時間を表示します。
  • レポート—表示するコンパイラ情報のタイプを指定します。 コンパイルの開始時には表示可能ではないレポートもあります。 レポートが表示可能になるとコンパイルステータスウィンドウスにメッセージが表示されます。 特定のFPGAターゲットに応じて、以下のレポートから選択することができます。
  • 保存—コンパイルステータスレポートをファイルに保存します。 保存ボタンは、コンパイル完了時にXilinxのログレポートでのみ表示されます。
  • タイミング違反を調査タイミング違反解析ウィンドウを表示します。 このボタンは、タイミング違反が発生した場合のみ使用できます。
  • コンパイルエラーを調査—FPGAモジュールでの一般的なXilinxコンパイルエラーの解釈については、ni.comサポートドキュメントを参照してください。 このボタンは、コンパイルエラーが発生した場合のみ使用できます。
  • コンパイルをキャンセルビルド仕様リストで選択するビルド仕様のコンパイルをキャンセルします。
  • 閉じるコンパイルステータスウィンドウを閉じます。 このボタンのプルダウンメニューを使用して、以下のオプションでウィンドウを閉じることができます。
    • ウィンドウを閉じる (デフォルト)—ウィンドウを閉じます。コンパイルサーバとの通信は継続されます。
    • すべてを接続解除—LabVIEWとコンパイルサーバの接続を解除します。 実行中のコンパイルジョブは続行されますが、LabVIEWは更新を受信しません。 LabVIEWをシャットダウンする時に、コンパイルサーバから切断してください。 FPGA VIのコンパイル中にLabVIEWで別の作業を行う場合、コンパイルサーバとの接続を解除する必要はありません。
    • すべてのコンパイルをキャンセル—現在のコンパイルジョブをキャンセルします。
  • 縮小表示に切り替えビルド仕様リストのみを表示するために、コンパイルステータスウィンドウを縮小します。
  • 全体表示に切り替えコンパイルステータスウィンドウを全体表示のサイズに戻します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった