データタイプページ (FPGAレジスタプロパティ、メモリプロパティ、FIFOプロパティ、およびFPGAハンドシェイクプロパティダイアログボックス)

インストールパッケージ: FPGAモジュール

このページを開くには、FPGAレジスタプロパティダイアログボックス、メモリプロパティダイアログボックス、FIFOプロパティダイアログボックス、またはFPGAハンドシェイクプロパティで、カテゴリリストからデータタイプを選択します。

このページを使用して、FIFOメモリ、またはレジスタ項目、またはハンドシェイク項目のデータタイプを指定します。

このページには以下のコンポーネントがあります。

  • データタイプ—構成する項目のデータタイプを指定します。 サポートされているタイプのリストを表示するには、矢印をクリックします。 FXPを選択した場合は、固定小数点の構成セクションでデータタイプを設定できます。

    メモ  DMAおよびピアツーピアFIFOは、カスタムデータタイプをサポートしません。
    • 固定小数点の構成—固定小数点データの構成設定を設定します。 固定小数点の設定を有効にするには、データタイプFXPに設定します。 LabVIEWは、指定したエンコーディング設定に従って範囲を自動的に決定します。
      メモ  固定小数点データタイプのFIFOでは、データ転送時にオーバーフロービットが含まれません。 オーバーフロービットを転送する必要がある場合は、別のFIFOを使用するか、より幅の広いデータタイプを現在のFIFOに指定して、FIFOへの書き込み時にオーバーフロービットを追加し、FIFOからの読み取り時にそれらのオーバーフロービットを分けるようデータを操作することもできます。
      • エンコーディング—固定小数点値のバイナリエンコーディング設定を設定します。
        • 符号付き—符号付きの数値を表す固定小数点データを設定します。
        • 符号なし—符号なしの数値を表す固定小数点データを設定します。
        • ワード長—LabVIEWで想定される固定小数点値の表示に使用するビット数を設定します。
        • 整数ワード長—想定されるあらゆる固定小数点値の整数ビット数、またはバイナリポイントを最上位ビットまでシフトするビット数を設定します。 整数ワード長には正の数または負の数を使用できます。
      • 範囲—固定小数点値の範囲を示します。
        メモ  LabVIEWはこれらの値を倍精度浮動小数点表記で表示するため、最大最小Δ値の精度は固定小数点としては精密でない可能性があります。 ただし、偏差値は非常に小さくなります。
        • 最小—固定小数点データ範囲の最小値を示します。
        • 最大—固定小数点データ範囲の最大値を示します。
        • デルタ—固定小数点データ範囲内の任意の2つの連続した数値間の最大距離を示します。
    • カスタム制御器—使用するカスタム制御器を参照するためのダイアログボックスを開きます。 このボタンは、データタイププルダウンメニューでカスタム制御器を選択した場合のみ表示されます。
  • DRAMの最大データ幅—DRAMの物理ポート幅を示します。 DRAMメモリに選択するデータタイプは、データ幅よりも小さい必要があります。 このオプションはDRAMを使用して実装されたメモリ項目のみで利用できます。

    カスタム制御器のすべての項目の合計データ幅がDRAMの最大データ幅以下であることを確認してください。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった