初期値ページ (メモリプロパティダイアログボックス)

インストールパッケージ: FPGAモジュール

このページを開くには、メモリプロパティダイアログボックスで、カテゴリリストから初期値を選択します。

このページを使用して、メモリプロパティダイアログボックスで作成したメモリ項目を初期化します。 個々のデータ要素の編集、線形セグメントの定義、事前定義関数の使用、作成した初期化VIの呼び出しを実行できます。

このページには以下のコンポーネントがあります。

  • 初期化方法—メモリ項目の初期化の方法を指定します。 メモリ項目に定数、直線、正弦波、または余弦波を格納する場合は、標準関数を選択します。 メモリ項目に初期化VIが生成する配列を格納する場合は、初期化VIを選択します。
    • 標準関数—以下のオプションがあります。
      • モード—選択したアドレス間隔に格納する内容を指定します。 以下の値から選択できます。
        • 定数で指定する定数で埋められます。
        • 線形開始値勾配で指定する値から計算された線形セグメントを使用して埋められます。
        • 正弦サイクル数で指定したフルスケール正弦波で生成されます。 このオプションは、符号付き整数と符号付き固定小数点数にのみ使用できます。
        • 余弦サイクル数で指定したフルスケール余弦波で生成されます。 このオプションは、符号付き整数と符号付き固定小数点数にのみ使用できます。
      • 開始アドレス—メモリ項目の間隔の下限を指定します。
      • 終了アドレス—メモリ項目の間隔の上限を指定します。
      • —値を指定します。 この値は、モードプルダウンメニューで定数を選択すると、メモリ項目に自動的に入力される定数です。
      • 開始値モードプルダウンメニューで線形を選択したときにメモリ項目に最初に入力される値を指定します。
      • 勾配モードプルダウンメニューで線形を選択したときにメモリ項目に自動的に入力される線の勾配を指定します。
      • サイクル数モードプルダウンメニューで正弦または余弦を選択したときにメモリ項目に自動的に入力されるサイクル値を指定します。
      • 適用グラフプレビューデータ値タブに初期値を表示します。 適用ボタンをクリックしても初期データは保存されません。 初期データを保存するには適用ボタンまたはOKボタンをクリックする必要があります。
    • 初期化VI—以下のオプションがあります。
      • VIパス—初期化VIへのパスを指定します。
      • テンプレートから新規VI—テンプレートVIのインスタンスを作成して新規の初期化VI名を入力ダイアログボックスで指定する場所に保存し、そのVIを開きます。 このVIを編集するには、メモリプロパティダイアログボックスを閉じる必要があります。
      • VIを開くVIパスフィールドで指定したVIを開きます。 このVIを編集するには、メモリプロパティダイアログボックスを閉じる必要があります。
      • VIを実行VIパスフィールドで指定したVIを実行します。 その後、出力配列がメモリ項目にインポートされ、対応する値がグラフプレビュータブとデータ値タブに表示されます。
  • グラフプレビュー—メモリ項目の現在の内容を波形グラフで表示します。
  • データ値—メモリ項目の現在の内容を表示します。
  • デフォルト値にリセット—メモリ項目の内容をデフォルト値にリセットします。 ブールデータタイプのデフォルト値は0 (FALSE) です。 整数データタイプのデフォルト値は0です。 固定小数点データタイプのデフォルト値は、一般メモリプロパティページで最大が0以上であり最小が0以下の場合は0です。 最大が0未満の場合、デフォルトは最大と同じ値になります。 最大が0より大きい場合、デフォルトは最小と同じ値になります。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった