インタフェースページ (メモリプロパティダイアログボックス)

インストールパッケージ: FPGAモジュール

このページを開くには、メモリプロパティダイアログボックスで、カテゴリリストからインタフェースを選択します。

このページを使用して、メモリ項目のアービトレーションオプションを設定し、読み取りポートおよび/または書き込みポートを指定します。

このページには以下のコンポーネントがあります。

  • デュアルクロックインタフェース—あるクロック領域でメモリ項目にデータを書き込み、別のクロック領域のメモリ項目からは読み取りを実行できるように指定します。 このオプションはブロックメモリを使用して実装されたメモリ項目のみで利用できます。 デフォルトでは、チェックボックスがオフになっています。
    注意  複数のクロック領域にブロックメモリを使用して実装されたメモリ項目を使用する場合は、同じアドレスから同時に読み取りと書き込みを実行することが可能です。 それを実行すると、不正確なデータを読み取る可能性があります。
  • インタフェースA—インタフェースAの読み取りで使用するアービトレーションのタイプを指定します。
  • インタフェースB—インタフェースBのメソッドとアービトレーションのタイプを指定します。
  • メモリ回路図—メモリブロックの構成を示します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった