FPGA VIをコンパイル/ダウンロード/実行する (FPGAモジュール)

FPGA VIをFPGAターゲットにダウンロードして実行するには、まずコンパイルしてビットファイルを作成する必要があります。ビルドプロセスを以下に記載します。

FPGA VIビルド仕様を作成する

FPGA VIをコンパイルしてビットファイルを作成するには、ビルド仕様を作成する必要があります。ビルド仕様は、コンパイラにビットファイルの作成方針を提供します。

以下の手順に従って、プロジェクトエクスプローラウィンドウからビルド仕様を作成します。

  1. コンパイルプロパティダイアログボックスを開くには、プロジェクトエクスプローラウィンドウでビルド仕様を右クリックし、ショートカットメニューから新規→コンパイルを選択します。また、プロジェクトエクスプローラウィンドウで既存のビルド仕様を右クリックし、ショートカットメニューからプロパティを選択して、このダイアログボックスを開くことができます。
  2. ダイアログボックスの情報ページで、ビルド仕様名と他の記述的な情報を指定します。
  3. ソースファイルページを表示して、トップレベルVIを指定します。トップレベルVIになるFPGA VIは1つのみです。
  4. FPGAターゲットで使用可能な場合は、XilinxオプションページでXilinxビルドオプションを構成します。
  5. ダイアログボックスを閉じるにはOKボタンをクリックし、FPGA VIのコンパイルを開始するにはビルドボタンをクリックします。

関連情報

コンパイルプロパティダイアログボックス

FPGAビルド仕様を設定する

FPGA VIをコンパイルする

FPGA VIをコンパイルするには、FPGAターゲットの実行モードをターゲットでFPGA VIが実行されるように設定する必要があります。ターゲットを右クリックして、ショートカットメニューから実行モードを選択→FPGAターゲットを選択します。

次の方法でFPGA VIをコンパイルできます。

  • 実行ボタンをクリックしてFPGA VIをコンパイルします。使用しているFPGAターゲットが対話式フロントパネル通信をサポートしている場合は、LabVIEWは自動的にFPGA VIをFPGAターゲットで実行します。実行ボタンをクリックすると、最後にVIをコンパイルした後にVIまたはプロジェクトに変更があった場合のみVIがコンパイルされます。
  • プロジェクトエクスプロ-ラウィンドウでFPGAビルド仕様を右クリックして、ビルド仕様ショートカットメニューからビルドまたは再ビルドを選択します。

コンパイルプロセスには複数のステージがあります。FPGA VIのコンパイルは、数分で終了することもあれば数時間かかる場合もあります。NIは、コンパイルする前にFPGA VIをテストおよびデバッグすることを推奨します。

関連情報

対話式フロントパネル通信

LabVIEW FPGAコンパイルシステムを理解する

コンパイルしたFPGA VIをダウンロードする

FPGA VIのコンパイルが完了したら、FPGAターゲットにそのFPGA VIをダウンロードして実行できます。

メモ メモ  1つのFPGAターゲットに対してダウンロードおよび実行可能なFPGA VIは一度に1つのみです。FPGAターゲットで最初のFPGA VIの使用中に2つ目のVIをダウンロードしようとすると、LabVIEWによってエラーがレポートされ、ダウンロードは失敗します。

コンパイルしたVIは、次の方法でダウンロードできます。

  • プロジェクトエクスプローラウィンドウでコンパイルビルド仕様を右クリックして、ショートカットメニューからダウンロードを選択します。
  • FPGAインタフェース関数を使用してFPGA VIをプログラム的に強制ダウンロードします。
  • ターゲットで対話式フロントパネル通信がサポートされている場合、FPGA VIで実行ボタンをクリックします。FPGA VIが新規または変更されている場合、コンパイルが完了した後にFPGA VIは自動的にFPGAターゲットにコンパイルおよびダウンロードします。そのFPGA VIがすでにFPGAターゲットに存在する場合はダウンロードされません。
  • ターゲットでフラッシュメモリがサポートされている場合は、FPGA VIをフラッシュメモリに保存します。

使用するFPGAのビルド仕様コンパイルプロパティダイアログボックスの情報ページのFPGAにロードされたら実行チェックボックスが有効になっている場合、ダウンロードが完了するとFPGA VIがFPGAターゲット上で自動的に実行されます。それ以外の場合は、FPGA VIをダウンロードした後に、FPGA VIをFPGAターゲット上で手動で実行する必要があります。

関連情報

FPGA VIをFPGAターゲットにダウンロードする (FPGAインタフェース)

FPGA VIをFPGAターゲットのフラッシュメモリにダウンロードする

コンパイルしたFPGA VIを実行する

FPGA VIは以下の方法で実行できます。

  • FPGAインタフェースを使用してFPGA VIを実行します。プログラムFPGAインタフェース通信を使用して、FPGA VIのフロントパネルの制御器および表示器に対するデータの読み取り書き込みをプログラム的に行うホストVIを作成することができます。
  • ターゲットで対話式フロントパネル通信がサポートされている場合、実行ボタンをクリックしてVIを実行します。対話式フロントパネル通信を使用してFPGA VIを実行する場合、FPGAターゲットで実行するVIを停止せずにFPGA VIを閉じることはできません。
  • ターゲットにフラッシュメモリがある場合は、FPGA VIをフラッシュメモリから自動的に実行します。

関連情報

FPGAターゲットとの通信にホストVIを使用する

フラッシュメモリからのFPGA VIを自動的に実行する



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった