FPGA派生クロックを作成する (FPGAモジュール)

LabVIEWプロジェクトのFPGAベースクロックを派生させて別のクロックを作成できます。FPGA派生クロックを作成するには、以下の手順に従ってください。

メモ  FPGA派生クロックのサポートは、FPGAターゲットにより異なります。詳細については、特定のFPGAターゲットのハードウェアドキュメントを参照してください。
  1. 新規プロジェクトを作成するか、既存プロジェクトを開きます。
  2. プロジェクトにFPGAターゲットを追加します。
  3. プロジェクトエクスプローラウィンドウに、使用するFPGAターゲットのFPGAベースクロックが自動的に追加されていない場合は、FPGAベースクロックを追加します。
  4. プロジェクトエクスプローラウィンドウでFIFOベースクロックを右クリックして、ショートカットメニューから新規FPGA派生クロックを選択します。FPGA派生クロックプロパティダイアログボックスが表示されます。
    メモ  FPGAターゲットで追加するFPGA派生クロックまたはFPGAベースクロックがサポートされていない場合、新規FPGA派生クロックオプションはショートカットメニューに表示されません。
  5. (オプション) 名前テキストボックスに名前を入力します。デフォルトで、名前は実際の派生周波数です。
  6. 必要な派生周波数テキストボックスで派生クロックが実行する周波数を入力します。

    LabVIEWは基本的なFPGAがサポートする最も近い周波数を検出し、実際の派生構成セクションの派生周波数テキストボックスに表示します。FPGAで派生周波数がサポートされている場合は、メッセージテキストボックスに周波数が利用可能と表示されます。それ以外の場合は、派生周波数と必要な周波数の間の誤差が表示されます。
  7. OKボタンをクリックして派生周波数を受け入れ、ダイアログボックスを閉じます。FPGA派生クロックが、派生比 (括弧内) と一緒にプロジェクトエクスプローラウィンドウに表示されます。

ここで、プロジェクトで新規派生クロックをトップレベルクロックとして設定できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった