FPGA I/O項目を作成する (FPGAモジュール)

FPGAターゲットのI/Oリソースにアクセスするには、まずプロジェクトエクスプローラウィンドウでFPGA I/O項目を作成する必要があります。その後、FPGA VIのブロックダイアグラムでFPGA I/OノードのFPGA I/O項目を使用できます。プロジェクトエクスプローラウィンドウのFPGAターゲットの下でFPGA I/O項目を作成する必要があります。

ヒント ヒント  FPGAターゲットの多くは、簡単にI/Oを作成できるFPGAプロジェクトウィザードをサポートしています。

プロジェクトエクスプローラウィンドウにCシリーズモジュールを追加すると、自動的にすべてのFPGA I/O項目がプロジェクトに追加されます。プロジェクトエクスプローラウィンドウにコンポーネントレベルIP (CLIP) を追加すると、CLIPに関連するすべてのI/O項目が自動的にプロジェクトに追加されます。

新規FPGA I/O項目を作成するには、以下の手順に従ってください。

  1. 新規プロジェクトを作成するか、既存プロジェクトを開きます。
  2. プロジェクトにFPGAターゲットを追加します。
  3. FPGAターゲットを右クリックして、ショートカットメニューから新規→FPGA I/Oを選択します。新規FPGA I/Oダイアログボックスが表示されます。
  4. 使用するI/Oリソースを使用可能なリソースツリーから選択します。
    ヒント  複数のリソースを選択するには、<Ctrl>キーを押しながら各リソースをクリックします。使用可能な場合、トップレベルのI/Oタイプまたはフォルダをクリックすると、I/Oリソースのグループ全体を選択することもできます。
  5. 追加ボタンをクリックします。I/Oリソースが新規FPGA I/O表のリソース列に表示されます。名前列にI/Oリソースのデフォルト名が表示されます。名前列にI/Oリソースをタイプして、新規名を入力できます。
  6. 新規FPGA I/O表に使用するすべてのI/Oリソースが表示されるまで、手順4と5を繰り返します。
  7. OKボタンをクリックします。プロジェクトエクスプローラウィンドウでFPGAターゲットの下に、作成したFPGA I/O項目が表示されます。新規FPGA I/Oダイアログボックスの新規I/Oをフォルダに配置チェックボックスをオフにしない場合、フォルダに表示されるFPGA I/O項目は使用可能なリソースリストの階層に従って整理されます。

ブロックダイアグラムのFPGA I/OノードからFPGA I/O項目を作成することもできます。FPGA I/Oノードを右クリックしてショートカットメニューから新規FPGA I/Oを追加を選択し、新規FPGA I/Oダイアログボックスを表示します。プロジェクトエクスプローラウィンドウのFPGAターゲットに新規FPGA I/O項目を追加するには、上記の手順4から7を実行します。

メモ メモ  コンポーネントレベルIP (CLIP) に関連するI/Oは、プロジェクトにCLIP項目を追加するとプロジェクトエクスプローラウィンドウに表示されます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった