FPGAメモリ項目を作成する (FPGAモジュール)

メモリ項目は、FPGAアプリケーションを使用して単一のクロック領域にデータを保存する主な方法です。メモリ項目は、プロジェクトエクスプローラウィンドウか、またはブロックダイアグラムから作成することができます。

プロジェクトエクスプローラウィンドウからメモリ項目を作成する

以下の手順に従って、プロジェクトエクスプローラウィンドウからターゲット指定メモリ項目を作成します。

  1. プロジェクトエクスプローラウィンドウで、FPGAターゲットを右クリックします。
  2. 新規→メモリを選択して、メモリプロパティダイアログボックスを表示します。
  3. 一般ページで、実装プルダウンメニューを展開して利用可能なメモリオプションを表示します。
  4. OKをクリックして、メモリ項目の作成を終了します。
  5. メモリ項目をプロジェクトエクスプローラウィンドウからブロックダイアグラムにドラッグします。LabVIEWはメモリ項目に構成したメモリメソッドノードを追加します。

ブロックダイアグラムからメモリ項目を作成する

ターゲット指定またはVI定義メモリ項目のいずれかをブロックダイアグラムから作成できます。

ターゲット指定

  1. FPGA VIのブロックダイアグラムを表示します。
  2. 関数パレットから、メモリメソッドノードをブロックダイアグラムに追加します。
  3. メモリメソッドノードを右クリックし、新規メモリを追加を選択してメモリプロパティダイアログボックスを表示します。
    ヒント ヒント  メモリメソッドノードを右クリックして、メモリを選択→x (xは既存のメモリ項目) を選択することもできます。
  4. 一般ページで、実装プルダウンメニューを展開して利用可能なメモリオプションを表示します。
  5. OKをクリックして、メモリ項目の作成を終了します。

リファレンスをメモリ入力に配線して既存のメモリ項目を指定することもできます。メモリを指定してから、メモリメソッドノードを右クリックし、メソッドを選択→y (yは特定のメソッド) を選択します。

VI定義

  1. FPGA VIのブロックダイアグラムを表示します。
  2. 関数パレットから、VI定義メモリ構成ノードをブロックダイアグラムに追加します。
  3. VI定義メモリ構成ノードを右クリックして構成を選択すると、メモリプロパティダイアログボックスが開きます。
  4. 実装プルダウンメニューを展開して利用可能なメモリオプションを表示します。
  5. OKをクリックして、メモリ項目の作成を終了します。

VI定義メモリ項目を使用してブロックダイアグラム上でノードを構成する際に、LabVIEWはそのメモリ項目名の先頭にVI::を追加します。たとえば、VI定義メモリ項目に係数という名前を付けた場合、LabVIEWはそのメモリ項目の名前をVI::係数と表示します。

関連情報

FPGAメモリ項目

メモリプロパティダイアログボックス

メモリメソッドノード

FPGAターゲットにデータを保存する


「データ通信方法」ホーム



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった