サブVIを非再入可能にする (FPGAモジュール)

サブVIを非再入可能にするには、以下の手順に従ってください。

  1. <Ctrl-I>を押して、VIプロパティダイアログボックスを表示します。
  2. カテゴリプルダウンメニューから実行を選択します。
  3. 再入可能セクションで非再入可能実行を選択します。
  4. OKをクリックします。

関連情報

モジュールコードを作成する

再入可能または非再入可能サブVIを使用する場合を判断する

サブVIに関するよくある質問 (FAQ)



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった