ダイナミックFPGAインタフェースキャスト 関数

1つ上のパレット: FPGAインタフェースVIおよび関数

インストールパッケージ: FPGAインタフェース

セッション入力をデータタイプであるタイプに変換します。 この関数は、FPGA VIリファレンスに含まれる要素のタイプのみを変更します。 この関数はデータを変換しません。 ダイナミックホストインタフェースを作成するには、この関数をFPGAインタフェースダイナミックrefnum定数と併用します。 FPGAターゲットによっては、この関数をサポートしていないものもあります。

コネクタペーンには、この多態性関数のデフォルトのデータタイプが表示されます。

詳細  

タイプは、FPGA VIリファレンスを変換するリファレンスのデータタイプです。 定数または制御器のいずれかをタイプに配線し、リファレンスのデータタイプをFPGA VIリファレンスを変換するタイプに設定します。
セッション入力は、タイプに変換するFPGA VIリファレンスです。
セッション出力は、タイプと同じリファレンスのデータタイプに変換されるFPGA VIリファレンスセッション入力です。

ダイナミックFPGAインタフェースキャストの詳細

この関数を使用するには、FPGAインタフェースダイナミックRefnumタイプに配線してFPGA VIリファレンスのインタフェースを指定します。 インタフェースには、制御器、表示器、DMAチャンネル、およびターゲット固有のメソッドなどの要素が含まれます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった