サンプルレートからループ時間に変換 VI

1つ上のパレット: スケールVI

インストールパッケージ: FPGAインタフェース

ループタイマ」Express VIで必要なサンプルレートを適切なカウントに変換し、その他のスケールVIで達成可能なサンプルレートを計算します。

プルダウンメニューを使用してこのVIのインスタンスを選択してください。

サンプルレートからループ時間に変換 (ティック)

FPGAクロックレート (Hz) には、コンパイルツールがFPGA VIをコンパイルするクロックレートを指定します。
サンプルレート (サンプル/秒) は信号のサンプルレートを秒毎のサンプル数で指定します。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
カウント (ティック/サンプル) は、ループの反復間の時間をクロックサイクル単位で返します。 FPGA VIのクロックレートによって反復間の時間が決定します。
実際のサンプルレート (サンプル/秒) は、指定したFPGAクロックレート (Hz) に基づいて達成可能なサンプルレートを返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

サンプルレートからループ時間に変換 (マイクロ秒)

FPGAクロックレート (Hz) には、コンパイルツールがFPGA VIをコンパイルするクロックレートを指定します。
サンプルレート (サンプル/秒) は信号のサンプルレートを秒毎のサンプル数で指定します。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
カウント (μ秒/サンプル) は、ループ反復間の時間をマイクロ秒で返します。
実際のサンプルレート (サンプル/秒) は、指定したFPGAクロックレート (Hz) に基づいて達成可能なサンプルレートを返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

サンプルレートからループ時間に変換 (ミリ秒)

FPGAクロックレート (Hz) には、コンパイルツールがFPGA VIをコンパイルするクロックレートを指定します。
サンプルレート (サンプル/秒) は信号のサンプルレートを秒毎のサンプル数で指定します。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
カウント (ミリ秒/サンプル) は、ループ反復間の時間をミリ秒で返します。
実際のサンプルレート (サンプル/秒) は、指定したFPGAクロックレート (Hz) に基づいて達成可能なサンプルレートを返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった